LOADING...

乳児健診

産婦人科医によるベビーチェック・心臓小児科医による心臓エコーチェック・難聴の検査・黄だんの検査・先天性代謝異常の検査を行います。
1ヶ月後は小児科医による健診を行っています。赤ちゃんの健康状態・育児についてもご相談ください。

心臓小児科医による健診

元気に生まれてきた赤ちゃんにも、生まれつきの病気が隠れていることがあります。特に先天性の心臓病の場合は症状がでていないまま、赤ちゃんの状態が急激に変化することがあります。当院では、週に2回「心臓小児の権威」篠原医師が、心臓エコーを含む心臓の健診を行い、新生児突然死の予防に努めています。新生児の心疾患の早期発見、早期治療につながります。

新生児用聴力検査

聴覚に障害がある場合でも、赤ちゃんは症状を訴えることができません。2~3歳になって「言葉が遅い」ことから初めて難聴に気づくことがあります。障害の早期発見・早期治療を開始することで難聴児の生活が大幅に改善されます。新生児の聴力検査は必ず行うようにしましょう。

1ヶ月健診

体重や身長、反射反応、視覚など赤ちゃんの発育や発達の状態をチェックします。
小児科医師が担当いたしますので、不安なことや気になることがございましたらご相談ください。

  1. 受付時間
  2. 水曜日 13:30~ (予約制)

  3. 持ち物
  4. ・母子手帳
    ・乳児一般健康診査受診票
    ・赤ちゃんのお着替え一式
    ・保険証